児童扶養手当とは

●児童扶養手当とは?
児童扶養手当とは、育児をしながら一人で家計を支えている家庭の負担を減らす為に設けられた制度です。子供を育てるということは何かとお金がかかります。その育児の金銭的な負担を減らすべく支給される手当ですが、昔は母子家庭のみが対象でした。2010年からは父子家庭も支給されることになり、条件も大幅に変わってきました。

●児童扶養手当の申請条件とは
基本的には、遺族年金などの手当てを受けていないひとり親家庭です。父母が離婚、死別、重度障害、生死がはっきりしないなど、なんらかの形でひとり親家庭となってしまった児童の養育者に支給されます。また、未婚や棄て子なども対象です。条件としては、日本国内に住んでいる児童を扶養している者が一人親であれば対象となり、申請することが出来ます。対象外の条件に当てはまれば、支給されることはありませんし、条件外となる状況になれば、支給は停止されます。

●支給が受けられると決まったら
支給条件に当てはまり、貰うことが出来たら、その当てはまった条件になんらかの変化があれば、その都度申請が必要になります。手続きが遅れたり、しなかったりすると支給が遅れたり、これまで支給した手当の返還を求められることもあるので注意が必要です。もらう条件に一度当てはまったからと言って、永久的にもらえるものではありません。その都度確認・申請をして、貰える状況かどうかを確認しておきましょう。

母子家庭がもらえる母子手当の記事一覧

児童扶養手当の所得制限

●所得から引かれる控除児童扶養手当を受給する際、所得制限において、『控除』というものが加算されます。・扶養義務のある児童に対する控除・障害者控除・特別障碍者控除・医療費控除・寡婦・寡夫控除など児童扶養... 記事の続きはこちら

児童扶養手当の金額

ひとり親であれば、児童扶養手当の申請ができますよね。ですが、扶養している親が女性か男性かで、昔は支給対象とならない場合がありました。2010年までは父子家庭では児童扶養手当を受けることが出来ず、医療に... 記事の続きはこちら

児童扶養手当の申請方法

子供の育児には何かとお金がかかります。それは子供のいるご家庭なら誰でもわかっていると思います。児童扶養手当とは、何かとお金がかかる育児を支援してくれる制度です。児童の健やかな成長を願って支給されるもの... 記事の続きはこちら