児童扶養手当の申請方法

子供の育児には何かとお金がかかります。それは子供のいるご家庭なら誰でもわかっていると思います。児童扶養手当とは、何かとお金がかかる育児を支援してくれる制度です。児童の健やかな成長を願って支給されるものなので、対象となる場合は是非申請をしておきましょう。

児童扶養手当は、離婚や死別などにより父と生計を共にしていない児童の母や、母にかわり育児をしている親に対して支払われるものです言うなれば「ひとり親」と言ったところでしょうか。養育者が受けられるということですが、養育者も育児をしながら働いていると思います。その収入に応じた手当が支給され、必要最低限の生活を守ってくれるという制度です。

18歳未満の児童を持つひとり親家庭であれば申請が可能です。必要書類を持って役所などで申請ができますが、必要書類はその家庭により違います。また、申請方法は役所の窓口のみとなっています。

最初、受給資格を得るためには申請が必要ですよね。そこから、生活環境や所得などの変化があった場合も申請が必要になります。また、1年に1度現況届というものを提出しますが、児童扶養手当に一度関わると、何かと申請をしなければいけなくなります。申請が遅れると調査が入り、手当の支給が遅れるケースもあるので、必要な申請はすべて頭に入れておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事